現在位置 :トップページ › 本会議録画配信

稲敷市議会 本会議録画配信

1 登録件数 6 件    
発言種別 録画内容 リンク
 平成30年第3回定例会
 会議日:平成30年9月6日
一般質問 篠田 純一議員

1.馬渡地区の排水問題解決に向けての取組はあるのか。
 馬渡地区の排水問題への市の考え方と、今後、市民の生活と財産を守るために、排水問題解決に向けての取組はあるのか。
2.地元食材を使用した「美味しい給食」の配給を試みてはいかがか。
@地元食材調達の予算を市が負担することは可能か。
Aその際の財源には、ふるさと応援寄附金を活用できないか。
B子どもたちに、地元食材を使用した「美味しい給食」の配給を試みてはいかがか。
録画放映へのリンク
 平成30年第2回定例会
 会議日:平成30年6月7日 会議録を表示
一般質問 篠田 純一議員


会議録を表示
1.防災の観点から各部課での取組について
@各学校での防災への取組についてと、有事の際の各学校から教育委員会への報告、また各学校への指示系統についてお聞かせ願う。
A大災害発生時に公助の力にも限界があるとすれば、自助、共助の意識を高めることは大切であると考える。市民協働の観点からも消防団以外の地域防災訓練についても取り組むべきと考えるがいかがか。
B上下水道が寸断された3.11の経験から、どのような防災体制を整えているか。
C市道が液状化により使用できなくなった3.11の経験から、どのような防災体制を整えているか。

2.危機管理計画にもとづく庁内横断的な連携の強化について
@危機管理計画の概要と進捗状況について
  有事の際の対策本部の概要と危機管理監の役割について
A前回の質問で、危機管理計画をもとに考え方の統一を図り、庁内の横断的な連携の強化に努め各部署での活動を明確にすると答弁をいただいた。
有事の際に危機管理における組織力を遺憾なく発揮するには、互いに業務を押し付け合うのではなく、助け合い、また指示者には発言権を与え、指示された者は従い、かつ指示者をサポートする、そのような体系の構築、また共通の認識を図る事が連携の強化と考えるがいかがか。
また、連携強化に対する取組の進捗状況をお聞かせ願う。

録画放映へのリンク
 平成30年第1回定例会
 会議日:平成30年3月1日 会議録を表示
一般質問 篠田 純一議員

会議録を表示
1.子供達を守るための街づくりについて
子供達を守るための街づくりを行うためには庁内横断的にまた、警察署や民間企業、そして地域一体となる見守りを行うために区長の協力等、市民協働も必要である中、これらをまとめる仕組みの構築が必要と考えるが、それらを実施するには、どのようにして行えるかお伺いします。
2.下水道事業のアセットマネジメントについて
下水道事業のアセットマネジメントの進捗状況をお聞かせください。
録画放映へのリンク
 平成29年第4回定例会
 会議日:平成29年12月7日 会議録を表示
一般質問 篠田 純一議員


会議録を表示
1.生涯学習について
 社会教育と社会体育への、市の認識と今後の方向性について
2.市民協働への取り組みについて
@市民協働への取り組みの成果と課題について
A生涯学習課と市民協働課との連動を今後どのように行っていくのか。
3.シティプロモーションアクションプランについて
1年前に質問したイルミネーション事業についてはその後どのようになっているのか。
録画放映へのリンク
 平成29年第2回定例会
 会議日:平成29年6月8日 会議録を表示
議事進行 篠田 純一議員


会議録を表示
1.稲敷市の花火大会における不正疑惑について
稲敷市の花火大会において、約12,000発の花火を、7,000発に工作してその差額を着服している輩がいるなどど、多くの市民の皆様が不安を抱いている中、実際にそのようなことがあったのか、お答え下さい。
2.都内魚市場から当市への汚染土の搬入について
裏仕事専門の土建業者と結託して建設残土の捨て場を斡旋し利益を得ている輩が、今話題の市場からの汚染土を、この稲敷市内に引き受けたなどと、多くの市民の皆様が不安を抱いている中、そのような事実を確認しているのかお答え下さい。
3.県道維持管理事業に準じる、市道維持管理事業について
新設よりも維持管理に重点を置かざるを得ない市道事業の現実。
職員ら総出で草刈や維持補修を行う現状を早期に改善する為にも、以前から提案している地域別又は路線別での、草刈、補修、災害対応、塩カル散布まで含めた市道維持管理事業の実現化に向けて進めてみてはいかがでしょうか。
録画放映へのリンク
 平成29年第1回定例会
 会議日:平成29年3月2日 会議録を表示
一般質問 篠田 純一議員


会議録を表示
1.みんなが住みたい素敵なまちの実現のために
みんなが住みたい素敵なまち 第2次稲敷市総合計画の実現のためには、これまで以上に国や県の行政機関との連携それは、補助金も含めて必要と考える。財源の確保を含めた対応策を伺う。
2.不法投棄対策について
不法投棄の苦情処理件数は、減少はしているものの、いまだに悪質な事件は続いている。今後の対応策について伺う。
録画放映へのリンク
1 登録件数 6 件    
Copyright(c) 2005- 稲敷市議会 Inashiki City Council. All Rights Reserved.